• 0584-77-3838

  • 診療時間
    9:00~12:00 / 15:30~18:30
    休診日
    木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

むらいクリニック通信

communication

夏から秋の花粉症

夏から秋の花粉症に気をつけましょう!

花粉症といえば春のスギ、ヒノキの花粉のイメ-ジが強いですが、夏の終わりから秋にかけて発症する秋の花粉症にも注意が必要です。
夏から秋への季節の変わり目は、風邪をひきやすい時季ですが、この時季「鼻水、くしゃみが止まらない」などの症状が続いたら風邪よりイネ科の花粉症の可能性もあります。
初夏から秋にかけての花粉症は、背の低い草花の花粉が主な原因で起こります。
春の花粉と比べると飛散数は少なく、飛散距離も短いのですが、原因となる草花は水田、野原、道端、堤防など至る所で見られます。スギ、ヒノキの時期が終わってから、花粉症の症状がでた場合、どの花粉にアレルギ-を持っているか調べてみるのもいいでしょう。原因が分かったらピ-クが来る前に対策を万全にしておきましょう。

診療予約
問診票

ページトップへ戻る