• 0584-77-3838

  • 診療時間
    9:00~12:00 / 15:30~18:30
    休診日
    木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

禁煙外来

NON-SMOKING

禁煙外来について

喫煙者の70%はニコチン依存症と言われています。タバコをやめられないのは、ご自身の意思の弱さではなくニコチンの持つ強い依存性が原因で「ニコチン依存症」という病気が原因です。「ニコチン依存症」の治療それが禁煙にあたります。

医師のアドバイスと禁煙治療

クリニックで禁煙すれば、個人個人に合ったアドバイスを受けることができます。禁煙治療薬を処方してもらえるので禁煙の成功率が高まります。 新たな治療法として登場したニコチンを含まない飲み薬は、ニコチン切れ症状を軽くするだけでなく、タバコをおいしいと感じにくくする効果を併せもつので、楽に禁煙することができます。また、万が一副作用は出た場合も副作用に対する治療も可能なため安心です。

診断基準
(ニコチン依存度テスト)

問1 自分が思っていた本数よりも多く、タバコを吸ってしまうことはありますか?
問2 禁煙や1日の吸う本数を減らそうとして、失敗したことはありますか?
問3 禁煙時に我慢できず、結局吸ってしまった経験はありますか?
問4 禁煙時に以下のような症状に悩まされたことはありませんか?
イライラ・集中力の低下や眠気・頭痛や神経質・手の震え・食欲増進・憂鬱な状態など
問5 タバコを吸うことで、問4のような症状をなくそうとしましたか?
問6 「タバコはよくない」と分かっていても、なかなか止められずに吸ってしまいますか?
問7 ご自身の健康問題があっても、タバコを吸い続けていませんか?
問8 タバコが原因の精神的問題(※注)があるのに、吸うのを我慢できない状態でしたか?
問9 「タバコに依存している」という自覚をお持ちですか?
問10 タバコを吸えない環境や付き合いを避けがちになっていませんか?

※(注)精神的問題とは、神経質や不安など抑うつの症状が出ている状態です。禁煙時の禁断症状とは異なります。

上記の10個の質問で、ご自身に当てはまるものが5個以上になると、ニコチン依存症の疑いが強まります。

健康保険などの
適用について

2006年から、健康保険等を使って禁煙治療が受けられるようになりました。(注)一定の要件を満たす必要があります。

保険適用の基準

健康保険等を使った禁煙治療にかかる費用は、処方される薬にもよりますが約3ヵ月で(自己負担分3割として)13,000~20,000円程度です。
これは、1週間あたりで換算すると約1,100~1,600円となり、毎日20本タバコを吸う方なら、約3~4日分のタバコ代*に相当します。

*1箱570円とする。

禁煙成功率

どれくらい成功するの?

約75~80%

ニコチン依存症管理料算定保険医療機関における禁煙成功率の実態調査報告書によると計5回診察を受けた方の治療完了時の禁煙状況は約75~80%でした。当クリニックでも同等の結果です。詳しくはお問い合わせください。

禁煙スケジュール

禁煙スケジュールは12週のサイクルで行い、初回受診日と併せて合計6回の受診が必要です。受診日の目安は禁煙開始日から、2週間後・4週間後・6週間後・8週間後・12週間後です。

初回診察時の流れ

2回目の治療

健康保険等を使った禁煙治療2回目。

初回受診日から約2週間後の2回目となる受診日には、初回と同様に呼気一酸化炭素濃度の測定を行い、身体に起こっている変化などもお伺いいたします。禁煙時のストレスなどの症状が出ている場合は、身体が禁煙状態に慣れようとしている証ですので、あまり不安にならずに気になることは医師になんでもご相談ください。

3回目の治療

健康保険等を使った禁煙治療3回目。

初回受診日から約1ヵ月後が3回目の受診日です。これまでと同様に呼気一酸化炭素濃度を測定しますが、治療が順調に進んでいると、一酸化炭素濃度の改善が見られるようになります。禁煙によってお気づきの効果がございましたら、ぜひ医師にお伝えください。その内容をもとに、さらに禁煙に向けたアドバイスもお伝えできます。

  • 咳やたんの回数が減った
  • 喉の違和感が減った
  • 息切れが起こりにくくなった
  • 吐き気がなくなった
  • 目覚めが良くなった
  • タバコ臭がしなくなってきた
  • 肩がこらなくなってきた
  • 大幅な節約につながった
  • 肌のハリやツヤが戻ってきた
  • 火事を心配しなくなった
  • 食事をおいしく楽しめている
  • 食欲が増した
  • 自信や達成感につながっている
  • 不快感を与えなくなった
  • 口臭が軽減された

4~5回目の治療

健康保険等を使った禁煙治療4~5回目。

初回受診日から約2ヵ月後の6~8週間目が経過した頃が、4~5回目の受診を行います。検査結果はもちろんですが、患者さまご自身の努力による禁煙の習慣化が完成しつつあります。元の状態に戻らないようにするには、最後まで強い意志を持ちながら、医師と協力して治療と引き続き、向き合うことが大切です。

6回目の治療

健康保険等を使った禁煙治療6回目

初回診療日から約3ヵ月後の12週間目が経過した頃が、6回目の最後の受診日です。一連の禁煙サイクルが一通り完結し、禁煙治療は終了です。現在のニコチン依存度や呼気一酸化炭素濃度を改めて測定し、禁煙宣言前の数値と比較しながら、今後の継続した禁煙に向けたアドバイスを行います。
治療後の禁煙が不安な場合は、遠慮せずに医師に何でもご相談ください。

診療予約
問診票

ページトップへ戻る