• 0584-77-3838

  • 診療時間
    9:00~12:00 / 15:30~18:30
    休診日
    木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

睡眠障害

SLEEP-DISORDER

いびき・睡眠時無呼吸症候群

いびき・睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。
気道(空気の通り道)が閉塞してしまうことが大きな要因として挙げられます。気道を狭くさせる原因はさまざまです。

いびきは、睡眠中に発生する舌や軟口蓋(のどちんこ)などの粘膜の振動です。そのため、「いびきをかく」ことは、何らかの原因で睡眠中に気道が狭くなっている証拠です。「いびきは病気の危険信号」といわれています。 しかし、睡眠中のことですのでご自身では気づきにくいのが、この病気の特徴です。ご家族やベッドパートナーなどから睡眠中の「無呼吸」や「いびき」を指摘されたような場合は、お早めに受診されることをおすすめします。

なぜ、日中の眠気になるのか??

十分な睡眠時間をとって身体を休ませているつもりでも、無呼吸のたびに酸素不足のため覚醒が起こり、質のよい睡眠をとることができません。
その結果、起床時に頭痛が生じたり、日中の眠気や倦怠感が強くなったり、活力・集中力の低下を自覚したりします。

放置しておくと危険!!

睡眠中のいびきや無呼吸を放置しておくとことは、著しいQOLの低下に繋がることがわかってます。

危険性1.

健康への影響

高血圧や糖尿病などの生活習慣病との合併率の高さが問題視されています。

危険性2.

社会への影響

2003年の山陽新幹線運転士居眠り運転事件のように、日中の眠気が、交通事故に繋がる可能性が高いことが明らかになっております。

診断基準(睡眠時無呼吸症候群セルフチェック)

睡眠中のことについて、お答えください

問1 毎晩、激しいいびきをかきますか?(★)
問2 睡眠中、呼吸がしばしば止まっているといわれますか?(★)
問3 睡眠中、寝返りや体動が激しいですか?
問4 眠りが浅いですか?
問5 睡眠中、何度も排尿のために起きますか?
問6 起床後、寝床が湿ってませんか?

日中のことについて、お答えください

問1 朝、起きた時、疲れた感じがありませんか?
問2 朝、頭痛や頭重感がありませんか?(★)
問3 日中、眠たくありませんか?(★)
問4 日中、よく居眠りをしませんか?(★)
問5 仕事中、集中力がなくなることはありませんか?

身体の状態や生活スタイルについて

問1 体重が多くありませんか?
問2 血圧が高くありませんか?
問3 就寝前にアルコールを飲みませんか?
問4 男性の方では、首まわりのサイズが42cm以上ではありませんか?

激しいいびきや睡眠中の無呼吸の指摘があり、日中の眠気が強い場合、睡眠時無呼吸症候群である可能性が濃厚です。
(★)が1つ以上あてはまる方、(★)以外の質問に2つ以上あてはまる方は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

専用の入院施設を備えた
当クリニックの
終夜睡眠ポリグラフ検査

2歳・3歳のお子さまから
ご年配の方まで可能

完全個室の
入院施設4部屋をご用意

仕事帰りに
睡眠ポリグラフ検査が可能

2歳・3歳のお子さまからご年配の方まで可能

個室の入院施設を4部屋をご用意

仕事帰りに睡眠ポリグラフ検査が可能

終夜睡眠ポリグラフ検査とは、身体の一部に専用のセンサーを取り付け、睡眠中の脳波や呼吸の様子、心電図や筋電図、眼球運動や血中の酸素飽和度などを測定し、睡眠障害の原因や症例を明らかにすることを目的にした検査です。

当クリニックは、プライバシーが保たれた4部屋の個室をご用意しております。患者さまはご自宅と同じように寝ながら検査を受けられます。検査の多くは、検査当日の夜から翌朝にかけて行うため、仕事終わりの後でもお時間に余裕を持った来院が可能です。

検査目的

  • 睡眠の質や深さを測定し、その規則性を評価する
  • 睡眠時の呼吸の様子が分かり、睡眠時無呼吸症候群の診断が可能
  • 脳や心臓・肺など、全身に酸素が不足なく供給できているかどうかの確認
  • いびきの有無や気道狭窄のリスクを明らかにできる
  • 四肢の動きが関係する病気の原因を特定できる

検査時間

  • センサーを身体に装着し、検査に支障の出ない状態を作るのに約30分が必要です。
  • センサーを装着時、約8時間の睡眠をとっていただきます。(睡眠環境の変化により寝付けない場合は、検査用の睡眠薬をお渡しいたします)

検査方法・手順

  • 就寝前にセンサーを身体の一部に装着します。
  • 利き手と反対側の手首にベルトを通して腕時計のように巻きます。
  • 電源が入ったプローブというセンサーの赤い点滅が、小指の爪あたりにくるようにします
  • センサーが外れないように、プローブの上から指カバーを装着します。
  • いつもどおりに睡眠していただき、起床後にセンサーを外して検査終了です。

検査・治療

  • Step 01
    問診や視診を通じて睡眠状況や悩みを共有

    受付を済ませましたら、問診票のご記入をお願いしております。
    診察では問診票をもとに、現在の自覚症状や持病の有無などもお伺いし、実際に鼻や耳、喉の様子を内視鏡を用いながらチェックします。その際、扁桃腺の肥大やできものなど、呼吸を妨げている原因を特定することもできます。

  • Step 02
    検査の種類や流れの説明を受け、簡易検査を実施

    問診と耳鼻咽喉科的検査の結果、夜間の呼吸状態を評価するために簡易検査を行います。
    検査は予約で行い、通常一晩使用し翌日返却していただきます。検査結果は2日程度で出るためそれ以降に来院して結果を聞いていただきます。ご自宅で行うことができるため、普段と同じ状況のもとで睡眠時の様子を記録できるという利点があります。

  • Step 03
    睡眠の質をより詳細に分析するため、精密検査に進む

    簡易検査の結果から重症度に合わせた治療を行いますが、さらなる検査が必要な場合は、入院したうえでの精密検査(終夜睡眠ポリグラフ検査)が必要です。
    精密検査は、1泊2日の入院期間中に行います。食事や入浴などを済ませ、パジャマや着替えなどをご持参のうえ、指定の来院時間までにお越しください。

  • Step 04
    普段と同じように就寝し、日常生活に戻る

    検査から2週間程度を目安に検査結果のご案内が可能ですので、次回の診察日をご予約のうえで、ご帰宅いただいております。
    約8時間程度の睡眠により検査後、多くの患者さまは明朝の5:00~7:00頃の帰宅が可能です。朝は早めになりますが時間の余裕があるため、起床後の登校や通勤に支障をきたす心配がほとんどありません。

  • Step 05
    検査結果を踏まえ、必要に応じて治療を検討

    検査結果をもとに、患者さまに適した治療法をご提案させていただきます。症状が軽い場合は、睡眠時に装着するマウスピースを用いた治療を行います。ご紹介するのは、睡眠時無呼吸症候群の治療に関して、豊富な実績や専門知識を持つ歯科医師が在籍する歯科医院です。
    症状が重症化している場合は、空気を気道に直接送り込む機械を使ったCPAP法が有効で、条件を満たせば保険適用も可能です。治療法を選択した後は、治療に取り組みながら定期的に来院していただき、経過観察と症状の改善をチェックいたします。

お子さまの場合

お子さまの睡眠時無呼吸症候群を放置すると、日中の倦怠感による学業や身体の発育への影響が懸念されています。精神的な影響も大きく、学校を休みがちになったり、不登校になったりするケースもあります。お子さまの健やかな成長をサポートするためにも、できるだけ早期の治療が大切です。

よくある質問

Q

睡眠時無呼吸症候群とはどういった病気なのですか?

A

睡眠時無呼吸症候群とは、何らかの原因で睡眠時に気道が塞がり、10秒以上の呼吸停止が複数回にわたって続く病気です。睡眠中のため、自覚症状がほとんどなく、ご家族などからの指摘を受けないと症状に気づかないケースがほとんどです。
呼吸が止まるので身体が酸素不足に陥り、本人は無自覚でも脳や身体には大きな負担がかかっています。そのため、日中の倦怠感や眠気、集中力低下などの症状を引き起こし、居眠り運転による交通事故のリスクなど、日常生活にもさまざまな支障をきたすようになるのです。

Q

どんな方が発症しやすいですか? 症状を放置するデメリットは?

A

肥満体型や首周りに脂肪が付きやすいタイプの方は、発症リスクが高いといわれております。他にも、睡眠中のいびきや運動不足による首周りの筋肉の衰え、顎の小さい女性や子どもでも発症に注意が必要です。扁桃腺やアデノイドの肥大が原因の場合は、切除手術を行うケースもあります。
症状放置していると、身体に十分な酸素が行き届かず、高血圧や心臓病、糖尿病などに関連する全身のさまざまな病気の発症リスクが高まります。睡眠の質も低下しがちになり、日常生活に悪影響を及ぼしかねないため、できるだけ早期の治療が大切です。

Q

検査方法について教えてください。

A

検査はご自宅、もしくは病院で行う2つの方法があります。ご自宅で行う場合は、簡易検査用の装置を貸し出し、身体の一部にセンサーを貼り付けた状態で就寝していただくと、睡眠中の呼吸状態や心拍数、血中酸素濃度などを測定できます。
一方病院で行うのは終夜睡眠ポリグラフ検査です。1泊2日で夜間を中心に入院していただき、専用の装置を使って呼吸や心拍数、脳波に至るまで、さまざまな視点から睡眠の質を検査しております。その結果をもとに、患者さまの症例に適した治療法をご提案し、一緒になって治療に取り組みます。

睡眠障害

睡眠障害について

睡眠障害とは不眠のみならず、日中の過剰な眠気を引き起こす過眠症や、睡眠のリズムが乱れたまま元に戻らなくなる概日リズム睡眠障害など、関連するさまざまな病気の総称を表しています。多くは睡眠の質が原因のため、「眠れない」「寝た気がしない」などの自覚症状がありますが、病気として疑うことが少なく、症状が悪化してから来院するケースがほとんどです。現代社会において、成人の5人に1人が不眠に悩んでいるというデータもあり、睡眠障害は誰でも発症するリスクがあります。

主な症状

過眠症

ナルコレプシーや特発性過眠症、反復性過眠症などがあります。
ナルコレプシーは昼間の著しい眠気、居眠りが繰り返し生じます。通常では考えられない状況で眠り込んでしまうこともあります。また、喜びや興奮などの感情の動きによって誘発される脱力発作がおきることがあります。反復性睡眠潜時検査(MSLT)などで診断を行います。その他精神疾患の合併もあることもあり状況により心療内科や精神科と連携をとり治療を行います。

ナルコレプシー

起きている時間帯を自分自身でコントロールできず、複数回の居眠りを日中に繰り返し、夢を見ることも増えます。眠り込んでしまう時も多く、日常生活に支障をきたす可能性もあります。治療では薬物療法と生活指導を組み合わせ、日常生活に与える影響をできるだけ抑えることをめざします。

不眠症

不眠症にはさまざまなタイプがあります。

①なかなか寝付くことができない入眠障害型
②途中で何度も目が覚めてしまう中途覚醒型
③朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒型
④ぐっすり眠れない熟眠障害型

などがあります。問診などにより内服薬や生活指導などにより治療を行います。また、なかなか睡眠薬を減らすことができない方に対して減量スケジュールを組んで睡眠薬の減量を目指します。

むずむず脚症候群

レストレスレッグス症候群とも言われ、下肢を中心に夜間睡眠時に不快な耐えがたい感覚が起こり、このためじっとしていられなくなり不穏な運動を生じます。異常感覚は痛み、不快感、虫がはう感じ、むずむず感、かゆいなど多彩な表現で訴えられます。下肢を動かしているときには起こらず、臥床もしくは座っていて動かさないときに生じます。そのため入眠困難になったりします。原疾患として鉄欠乏性貧血やパーキンソン病、多発性硬化症、腎不全など関連ある場合があり注意が必要です。
以下のような症状のある方は医師に相談してください。

①感覚異常のために強く足を動かしたいという欲求が存在する
②安静状態で症状が発言もしくは増悪する
③体(四肢)を動かすことにより改善する
④症状は夕方~夜間に発現もしくは増悪する

周期性四肢運動障害

夜間睡眠中に片側あるいは両側の足関節の背屈運動を主体とする周期的は不随意運動(周期性四肢運動)が反復して起こるため睡眠感の障害を生じ、昼間の眠気・倦怠感などを呈します。
その他の睡眠関連運動障害には睡眠関連下肢こむらがえり、睡眠時ブラキシズム、睡眠関連律動性運動障害などがあります。

概日リズム睡眠障害

朝起きて夜寝るという睡眠・覚醒相が仕事や勉強などで前方後方に移動したりすることにより生じる睡眠障害です。眠気や精神作業能力の低下、疲労感、食欲低下、ぼんやりする、頭重感、胃腸障害、眼精疲労など症状は多彩です。交代勤務のある職業の方などにも起きやすく、学生さんでは不登校の原因にもなりうる病気です。他の睡眠障害の除外が大切であり、生活習慣の改善や薬物治療、高照度光療法などを行います。

レム睡眠行動障害

睡眠中でも脳が活動する、レム睡眠時に見られる睡眠時随伴症で、特に高齢者に多いといわれます。寝言や悪夢、睡眠中に突然起き上がるといった異常行動など、さまざまな症状が挙げられます。なかには神経疾患に悪化する症例もあり、医師の判断が適切な治療には必要不可欠です。

小児睡眠障害

小児でも、いびきや睡眠時無呼吸症候群、昼間の眠気やむずむず脚症候群などの睡眠障害が起こる可能性があります。扁桃肥大やアデノイド増殖がもともと年齢的に起きやすく、重度の睡眠時無呼吸症候群があることがあります。また小児は大人と異なり身体、精神発達に影響を与えることが多く、年齢に比べて体が小さい、落ち着きがない、寝相が悪い、夜尿などがある場合には注意が必要です。

睡眠関連摂食障害

睡眠中にもかかわらず、歩き出して食べ物を食べ、満足するとまた睡眠に戻るという行動パターンを示す病気です。睡眠時に起こるため記憶がほとんどなく、過食状態を引き起こすときもあります。食べた形跡から症状に気づくケースが多くあり、調理をしていた場合はケガやヤケドのリスクも高まります。

睡眠時遊行症

ノンレム睡眠からの覚醒障害の一種でその他、睡眠時驚愕症(夜驚症)、錯乱性覚醒など同様に小児に多い疾患です。夜間徘徊が主症状だが、起き上がって寝床の上に座るだけのものから、物置での放尿など様々です。呼びかけなど周囲からの刺激には反応しないことが多く、睡眠の最初3時間以内に生じ多くは15分程度のエピソードで終了します。エピソードが終夜睡眠ポリグラフィー検査では深いノンレム睡眠期から生じることが特徴です。

睡眠時随伴症

夜尿症・睡眠関連うなり(カタスレニア)・頭内爆発音症候群・睡眠関連幻覚・睡眠関連摂食障害などがあります。

睡眠障害の治療法

まずは睡眠を妨げている原因を明らかにし、睡眠の環境や習慣を整えることから治療は始まります。身体に合った寝具を選び、睡眠のサイクルを一定に保てるようになると、安定した睡眠を得られやすくなります。

他の治療法として、薬物療法やカウンセリングなどの提供も可能です。

睡眠習慣の見直し

睡眠に関する正しい知識を身につけ、ご自身の睡眠習慣を見直すことも、睡眠障害の治療に大切です。

「寝る前にカフェインを含むコーヒーやお茶を飲む」「昼寝が長くなりがち」など、睡眠の妨げになる習慣を今すぐやめるように心がけましょう。カウンセリングでヒアリングした内容をもとに、何が睡眠の妨げになっているかをアドバイスいたしますので、ご安心ください。

薬物療法

薬物療法として用いる睡眠薬は、睡眠に関連する脳内物質の分泌をコントロールする役割があります。睡眠導入薬は主に、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系がありますが、ベンゾジアゼピン系の場合はもの忘れや筋弛緩などの副作用のリスクがあり、ご高齢の患者さまの服用には適しておりません。

認知行動療法

認知行動療法とは、頭の中に浮かぶイメージである認知と行動を変えていき、症状の改善をめざします。

「寝室は寝るだけを目的にする」「睡眠と起床の時間を一定に保つ」などの工夫により、不眠に対する意識がネガティブなものにならないようにサポートします。薬物療法に比べると即効性は少ないですが、正しい睡眠のリズムが意識と行動にインプットされているので、治療効果の持続性が長いことが特徴的です。

診療予約
問診票

ページトップへ戻る