• 0584-77-3838

  • 診療時間
    9:00~12:00 / 15:30~18:30
    休診日
    木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

喉の主な症状

THROAT-ILLNESS

喉の主な症状について

喉は鼻からの通路と口からの通路が交差したところで、咽頭と喉頭に分かれます。
咽頭は、細菌やウイルスが侵入しないように喉の粘膜とともに防御する免疫系の役割があります。喉頭の主な役割は発声することです。このように、喉も日常生活をする中で、大切な役割を持っています。
喉の病気で一般的なものは、咽頭炎です。
咽頭炎には、急性と慢性があり、のど風邪と言われるのは、急性咽頭炎となります。これは、ウイルス感染や細菌感染が主な原因となりますが、鼻炎から発症することもあります。また、急性咽頭炎が続くことにより慢性化することもあります。さらに、鼻炎をおこして鼻水が喉に入り込んだり、タバコ・刺激性のガスなどから起こる場合と、食物によるアレルギーなど、抵抗力が低下している場合にも起こります。その他にも、急性扁桃炎や、扁桃周囲炎などもあります。そして、最も注意しなければいけないものとして、咽頭がん、喉頭がんがあります。いずれも40代~60代の男性に発症することが多く見られます。
喉に何らかの違和感を感じた場合は、必ず当クリニックにご相談ください。

こんな症状の方は
ご相談ください

  • 喉に痛みがある
  • 首を触ると痛みを感じる
  • 喉が赤く腫れて痛む
  • 喉のイガイガなど異物感を覚える
  • 食べ物を飲み込みにくい
  • 首が腫れて熱を持っている

主な喉の疾患

扁桃炎・咽頭炎

扁桃炎

症状

高熱や頭痛など、風邪のような症状が現れます。特に扁桃炎の場合、舌の付け根の両側にある扁桃腺が赤く腫れ、喉の痛みが出ることが大きな特徴です。

治療

一般的には抗生剤の投与で症状の改善をめざしますが、熱がひどい場合には解熱剤も使用します。他にも消炎鎮痛薬やうがい薬も処方し、安静にしていただくことでゆっくりと回復していきます。

咽頭炎

症状

喉の痛みや乾燥、声の枯れ、咳や痰などは咽頭炎の疑いがあります。悪化すると合併症として、急性咽頭蓋炎や急性声門下咽頭炎を発症し、呼吸困難に陥るリスクも高まります。

治療

喉の炎症や痛みを抑える薬を使用し、ネブライザーを使用した吸入治療などを行います。重症化による気道狭窄が疑われる場合は、抗生剤の点滴投与も可能です。気道狭窄を防ぐ方法として、気道を切開した外科処置を行うときもあります。

口腔乾燥症(口の乾き)

症状

唾液の分泌量が減ると、口腔内が乾燥しがちになります。唾液の自浄作用が機能しにくく、口腔内のネバつきや舌表面のひび割れなどを引き起こし、細菌の繁殖に伴う強い口臭を引き起こします。虫歯や歯周病のリスクも高まるため、できるだけ早期の治療が大切です。

治療

生活指導や対症療法などを中心に、積極的な水分補給や口腔習癖の改善を行います。保湿力の高い洗口液や薬剤、睡眠時に装着する専用のマウスピースなど、さまざまな治療法もご案内が可能です。

喉頭がん

症状

初期の段階では、のどの違和感や声のかすれなどの症状が出ますが、自覚症状がないケースも多くあります。咽頭がんの場合は声帯ポリープとは異なり、ガラガラ声やザラザラした雑音まじりの声になります。症状が悪化すると、リンパ節への転移するリスクもあるため注意が必要です。

治療

がんの腫瘍の大きさによって、抗がん剤や放射線療法を組み合わせながら治療を行います。腫瘍が大きく重度化している場合は、声帯を切除する咽頭全摘出術の手術が必要になるケースもあります。術後は声を出せなくなりますが、食道発声や電気咽頭を用いた発声方法による声帯の代用が可能です。当クリニックがサポートいたしますのでご安心ください。

診療予約
問診票

ページトップへ戻る