• 0584-77-3838

  • 診療時間
    9:00~12:00 / 15:30~18:30
    休診日
    木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

むらいクリニック通信

communication

知っておきたいSAS用語とタイトレーション

CPAPタイトレーションとは、CPAPを使用するにあたり、その人にとって最適な圧力(風の強さ)を探すための検査です。診断時に行ったPSG検査+CPAPを装着して行います。

CPAPには、固定CPAPとAUTO-CPAPの2つのモードがあります。

 

固定CPAPは、一晩同じ圧力で使用するものです。しっかりとした圧設定が必要です。

AUTO-CPAPは、呼吸状態に応じて圧力が変動していくものです。最低圧、最高圧は個人個人で違うため調整が必要です。

 

近年、AUTO-CPAPの性能が良くなり、現在当院で処方される多くがAUTOモードのCPAPで設定し処方しています。

CPAPタイトレーションには、もう一つ目的があります。それは無呼吸を取り除いた上で、他の睡眠障害がないかを見ることです。CPAPを使用しても、何度も目が覚める・昼間の眠気が以前と変わりない、足のダルさ・違和感から寝付けないなど、他の睡眠障害が隠れている可能性があります。

タイトレーションを受けることで、最適な圧力が確認でき、使用にあたってのアドバイスをすることもできます。CPAPの圧力は、年齢・体重の変化でも変わってきます。

1年に1度くらいのペースでのタイトレーション検査をお勧めします。

またダイエットの成功でCPAPを卒業できるか確認したい、今の無呼吸状態を確認したいという方も、お気軽にスタッフにご相談下さい。

 

知っておきたいSAS用語

 

SASSleep Apnea Syndrome)睡眠時無呼吸症候群の略です。

PSGPolysomnography) 終夜睡眠ポリグラフィー検査:睡眠の質や睡眠中の呼吸状態を評価する検査です。

無呼吸 睡眠中に10秒以上呼吸が停止、または通常の呼吸の大きさの10%以下に低下することをいいます。

低呼吸 睡眠中に10秒以上呼吸の減弱、それに伴い血液中の酸素飽和度の低下、覚醒反応が生じることをいいます。

AHIApnea Hypopnea Index) 1時間あたりの睡眠中の無呼吸、低呼吸の回数を表します。

CPAPContinuos Positive Airway Pressure)「シーパップ」

睡眠時無呼吸症候群の治療器で、寝ているときに鼻にマスクを装着し、空気を送り込んで気道を押し広げて喉の塞がりを防ぎ、睡眠時無呼吸を予防します。

Leak「リーク」マスクからの空気漏れ。多いと治療を妨げます。

診療予約
問診票

ページトップへ戻る