• 0584-77-3838

  • 診療時間
    9:00~12:00 / 15:30~18:30
    休診日
    木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

むらいクリニック通信

communication

CPAPの手入れ法

鮮やかな若葉の緑が目に染みる季節となりました。CPAPの患者さんにとっても過ごしやすい季節ともいえますが、汗ばむ季節にもなります。

今月は夏に向けてお手入れ法について説明します。

 

CPAPの手入れ法

CPAPは毎日使用するものなので、定期的にメンテナンスが必要です。

マスク、ホ-ス、フィルタ-の3点は消耗品のため、劣化や汚れやすく、長期間メンテナンスせず使用すれば、

鼻づまり、咳などの健康状態を損なう可能性もあります。

衛生面からも大切な事なので、定期的に行いましょう。

 

① 毎日のお手入れ

マスク、皮脂、埃がつきます。ウエットティシュ、濡れた布などで、マスククッション(顔に触れる部分)、額パットを拭きましょう。

(市販されているウエットティシュを使用する場合はアルコ-ルを含むものは避けて下さい。ゴム製品の劣化が早くなります)

 

1週間に1度程度

マスク   毎日の掃除で不十分な時は、マスクを分解し薄めた中性洗剤(食器用洗剤など)を使用し汚れを洗い落とし、水洗いした後、乾いた布で水気を拭き取りましょう。

乾いた後、マスクを元に戻します。クッションなど、うまくはまっていないと空気漏れの原因になります。(タワシなどは使用しないでください。)

ホース  機械から外して、薄めた洗剤で洗い、片側から水を入れてもう片側から出す。その作業を数回繰り返し陰干ししましょう。

ヘッドギア  水洗いをおすすめします。ネットに入れて洗濯もできます。はじめのうちは色落ちするかもしれませんので、他の物と分けて洗いましょう。

マジックテ-プ部分が弱くなったら交換できます。

 

数ヶ月に1度

フィルタ-  CPAP 機器のフィルタ-のチェックをしましょう。環境により汚れの程度が違いますので、気が付いたらチェックしてください。汚れの目立つ場合は、水洗いまたは交換しましょう。

フィルタ-は洗浄できるものと、できないものがありますので、スタッフにお尋ねください。

 

わからない事、詳細は先生、技師にお尋ねください

診療予約
問診票

ページトップへ戻る